眼精疲労と口内炎の関係

スポンサードリンク

眼精疲労と口内炎の関係

昨今のPC・ネットワーク・インターネットなどのIT普及により大きい問題となっているのが眼精疲労からくる視力の低下と集中力の欠如です。

 

いわゆるIT疲労と呼ばれる様々な影響は、口内炎の発症と関連性が深く、眼への負担と肌への負担も大きくしています。

眼精疲労が体内の「ビタミン群」を奪う

PCやゲームなどでモニターに集中して眼を酷使すると、眼精疲労や肩こり、偏頭痛の原因となり、体内の「ビタミン群」を奪ってしまいます。

 

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンEなどは眼への活性化と栄養の供給にかかせないビタミン群です。
これらビタミン群が不足すると眼精疲労だけでなく、口内炎の原因にもなります!

 

PCを頻繁に利用し、眼精疲労が多く肌荒れも多くなったという方は口内炎の発症が多いようです。

 

眼精疲労と口内炎、ダブルで悩んでいる方は「ビタミン群」を上手に摂取するように心がけましょう。

良質のビタミンは体内で生成されない栄養素

良質のビタミンは体内で生成されない栄養素なので、体外からの摂取が必須です。

 

バランスのよい食事に加え、緑黄色野菜の積極的に食べましょう。またサプリメントや栄養補助食品として、不足しがちなビタミン群を摂取するようとよいでしょう。
特にPCなどを長時間利用し、眼精疲労を意識している方はビタミン群をしっかり摂取するよう心がけましょう!!

 

ちなみに PCでの眼精疲労に効くとされているブルーベリーは、眼の栄養分であり、ビタミンの効果を補助するアントシアニン、ポリフェノールなどの成分がぎっしり含まれています!!

スポンサードリンク