歯周病と口内炎の関係

スポンサードリンク

歯周病と口内炎の関係

口臭と口内炎の関係 でも記載していますが、口臭と口内炎は関連性を持っていることはお分かりいただけたと思います。

 

こちらのページでは歯周病と口内炎の関係を記載したいと思います。

歯周病とは

日本人の成人の8割が歯周病であると推定されています。歯茎に炎症が起き、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜けてしまう病気です。
口臭の強烈さもさることながら、口や歯の健康は全身は健康にも非常に重要で、噛む事でのあごの発達や痴呆防止、唾液が十分に分泌されなくなり、消化器官に負担をかけるなどなど、歯周病から発生する様々な事象は人生にも大きく影響することもあります。

 

歯周病には歯のまわりだけに原因がある単純性歯肉炎と、全身の影響や口呼吸などと関係のある複雑性歯肉炎があり、まれに、からだが衰弱したときに全体の歯肉が痛んではれ、同時に口内炎も合併する急性壊死性潰瘍性歯肉口内炎など特殊な歯肉炎もあります。

 

初期段階では自覚症状がなく、心臓病などを招く危険性があることも指摘されています。

 

まずは下記の項目に当てはまるかをご自分でチェックしてみてください。歯周病は口臭だけでなく健康にも影響を及ぼします。しっかりとチェックし予防対応をしましょう!

歯周病チェック

・口臭がきつくなった。
・朝起きた時に口の中がネバネバすることがある。
・歯グキから血や膿が出る。
・歯グキが腫れる。
・歯グキが減ってきた(歯が長くなった)。
・かたいものが食べにくいような気がする。
・歯がグラグラし、弱くなった感じがする。

 

いかがでしょうか。上記のように口内炎と口腔内の問題は非常に密接な関係があることがお分かりいただけたと思います。

 

まずは口腔内を清潔に保ち、口臭に気をつけること歯周病対策として大事ですね!

スポンサードリンク