口内炎のメカニズム

スポンサードリンク

口内炎のメカニズム

口内炎のメカニズムと誇大なように聞こえますが、口内炎を治療・予防しようというからにはしっかりと口内炎のメカニズムを知る必要があります。

 

口内炎は口の中に潰瘍などができる病気のひとつです。

 

口内炎は水疱、びらん、潰瘍、偽膜(患部に白色から黄白色のこけ状の膜みたいなものができる)などができたり、口腔内の粘膜(横や唇や唇の裏など)や歯茎が赤く腫れたりするものです。

 

症状が軽い場合は、飲食中に患部がしみたり、触れると痛い程度ですが、重くなると発熱することもあります。

口内炎の発症原因

口内炎の発症原因としては、口の中の小さな傷に細菌やウイルスが感染する場合と、ほかの病気が原因で起こる場合があります。

 

発生原因としては、ウイルス(細菌)感染、口腔内のケガ、アレルギー、ホルモン異常、ストレス、ビタミン欠乏、免疫異常など諸説があります。

 

成人・未成年に関係なく、歯や歯ブラシの刺激、金属アレルギー、細菌感染、口腔内のケガが原因になる場合も多いです。頻繁に出来る方もいます。(私のような。。)遺伝的・体質的に出来やすい人がいるのではないかとも考えられています。

 

女性においては思春期以降の増加する傾向にあります。高齢になると発症の頻度は少なくなることが多く、若い方に発症しやすいという傾向があるようです。

口内炎の発症から治癒までの期間

口内炎の発症から治癒までの期間としては、1週間から長くても2週間程度で自然治癒する場合がほとんどです。

 

発生原因としては、ウイルス(細菌)感染、口腔内のケガ、アレルギー、ホルモン異常、ストレス、ビタミン欠乏、免疫異常など諸説があります。

 

こちらも体質や体調によるようです。

スポンサードリンク

口内炎のメカニズム関連ページ

口内炎の発症から治癒まで
口内炎の発症から治癒までのプロセスについて。
口内炎の種類
口内炎の種類について。
口内炎がよくできる人は注意
口内炎がよくできる人は注意です!!