なぜ口内炎ができるのか

スポンサードリンク

なぜ口内炎ができるのか

できてしまうと激痛の口内炎。なぜ自分だけヽ(`Д´)ノ 口内炎ができるのか・・・!?

 

そう嘆いた方は少なくないはずです。かくいう私も口内炎がよくできます。最高で5つの口内炎を育てた記憶があります!
という自慢(?)はここまでにして、なぜ口内炎ができるのか?に迫ってみたいと思います。

口内炎ができる原因

大人の場合であれば体力や免疫低下が主な原因です。(体力や免疫力の低下はストレスも原因であることをお忘れなく。)
乳幼児であれば夏風邪の症状ともいわれています。

 

成人・未成年に関係なく、歯や歯ブラシの刺激、金属アレルギー、細菌感染、口腔内のケガが原因になる場合も多いです。

 

まれに大きい疾病の予兆、副作用などの場合もあるので口内炎が出来た場合は、「またか・・・」と決してあなどってはいけません。
なぜ口内炎ができるのか?は、実際は上記のようなものが主たる原因になるかと思いますが、「体調の変化を警告してくれるシグナル」の役割で口内炎はできるのだと考えるのがよいでしょう。

 

そうでなければ快適な日常生活を脅かす口内炎の存在を肯定し、治癒するまでの数日間を過ごすことはできません。。。(つд⊂)
お得なチョコラBBの大容量タイプ。自宅と通勤カバンに必携です。口内炎だけでなく疲労回復にも役立っています!

 

口内炎にお悩みの方に。体調の優れない方や、口臭・体臭が気になる方などに、葉緑素・多糖体・リグニンなどの有効成分を豊富に含んだ、熊笹(隈笹とも)エキス100%の医薬品・ササヘルスがオススメ!今なら購入特典があります。ササヘルスの体験談はコチラで。

なぜ口内炎ができるのか記事一覧

口内炎のメカニズム

口内炎のメカニズムと誇大なように聞こえますが、口内炎を治療・予防しようというからにはしっかりと口内炎のメカニズムを知る必要があります。口内炎は口の中に潰瘍などができる病気のひとつです。口内炎は水疱、びらん、潰瘍、偽膜(患部に白色から黄白色のこけ状の膜みたいなものができる)などができたり、口腔内の粘膜...

≫続きを読む

口内炎の発症から治癒まで

口内炎を発症する原因、発症してから治癒するまでの期間はほとんどの方はほぼ同じ経緯だと思われます。こちらでは発症から治癒までのパターンを記載していきます。

≫続きを読む

口内炎の種類

口内炎といっても様々な特徴と種類があります。自分はどのような種類の口内炎ができやすいか確認しておきましょう。口内炎予防の観点からも、自分の発症時の特徴を知っておくことは大事です!

≫続きを読む

口内炎がよくできる人は注意

口内炎が頻繁に出来るという方は結構多いのではないでしょうか。口内炎は「しょうがない」と考えているのならそれは非常に危険です。

≫続きを読む

スポンサードリンク